スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~我が家の天使様へ~

いつの間にか3月。


あっと言う間に季節は過ぎて行くものです。


一気に春めいて来ました。


早咲きの桜は花をつけています。



しかし、本来は3月、桃の節句の時期です。





名前の通り、桃の節句がお似合いの我が家の愛猫【ももちゃん】が、丁度この日に、お空へ旅立ちました。















思えば前の会社の同僚が、増えすぎて処分に困った子猫の中から、一匹だけこの子を貰って来た時から、もう12年の付き合いになります。



子供が小学生の頃にやってきて、21歳になる今まで、我が家の一員として、皆を和ませてくれました。





ももちゃんのお腹にしこりの様な物を発見したのは2年も前だったでしょうか?


きっと癌だったのかも知れませんね。



わかっていたと言え、高額の医療費やその他の事情。


手術した所で、長い治療やももちゃんの体の負担など、色々な面から考えて、手術はしない事にしました。


もちろん、癌を取り去って懸命に看病して、良くなる事だってありますから、手を尽くすのが最善の策と言う事はわかっています。


しかし、高齢もあります。


体に傷を付けず、少しでも長く苦しまない生活。


それもいづれ寿命が尽きるであろう、この子に取っては最善の策なのではと思うことにしたのです。




何しろそれが今の時点で出来る、精一杯なのですから。




最後の1ヶ月くらいでしょうか?


ももちゃんは目に見えて痩せました。


亡くなる寸前には抱き抱えるのが可哀想なくらいに痩せました。


段々とカリカリは食べられなくなり、柔らかい餌だけになりました。


それも食べなくなると、お刺身を買ってきて1枚を凄く細かく切ると何とか1枚食べる程度。


何とかちょっとでも多く食べて欲しくて口元に持って行っても食べてくれない。


無理やり食べさせても体の負担になるだけですし、どうしようもありませんでした。


そんな時、たまたま付いていたテレビに猫を沢山買っている人が出ていました。


その番組でのふとした一言が、私の心に刺さりました。





『猫って自分の死に際を自分で決めるんですよ、自分が死を覚悟したら、自分で食べなくなります。』






あぁ、ももちゃんは自分で死を覚悟したのかも知れない。



そう言えば昔、私の実家で猫を飼っていた時は、放し飼いでしたので、寿命になると死ぬとき決して姿を見せませんでした。


父が言うには


「猫は自分が死ぬ所を飼い主に見られたくなくて、帰って来なくなるんだよ」


とも言って居ました。


それが本来の姿なら、最後は静かに見送るのも家族の勤めなのではないかと思ったのです。





心の中では、ももちゃんはもっても、後1ヶ月位だろうと思っていました。






その日から二日後、仕事中の暇な時間にラインが入りました。





『ももちゃん、死んじゃった。。。;;』と、主人から。


キッチンでお水を飲んで、居間を通り、12年間、一緒に兄弟の様に育った子供の部屋でパタリと倒れたそうです。


私がももちゃんの顔を見たのは、それから2時間程後でした。





いつもより早めに帰宅した私が見たのは、まるで眠っている様に倒れているももちゃんの姿でした。


まだ固くなりきっていない体は、いまにも起き上がって、ニャーと鳴きそうに思えました。


しかし、確実に息はなく、ピンク色だったプニプニの肉きゅうは白くなって居ました。




『まさか、こんなに早く。。。』



1ヶ月位の心の準備は出来ていましたが、こんなにも呆気なく行ってしまうなんて。


ふと、主人が呟きました。


『ももちゃん、何にもしてあげられなかったな。。。』


その言葉に我慢していた涙は、もう止まりませんでした。











『ももちゃん、苦しまずに行けたかな。。。』



「うん、苦しまずに行ったよ。。。」




そうだよね、だってこんなに優しい顔で寝てる様だもんね。



もう苦しくないよ、お空ではきっと楽しい事ばかりだよ。



きっと子供の頃に分かれた兄弟達にも会えてるかもしれないよねー。






ももちゃん、今まで有難う。


今までとても楽しかったよ。






14574129300.png




皆、ももちゃんの事はわすれないよ。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですか、ももちゃん虹の橋へ旅立ったんですね。
家猫さんとしては、しこりさえ無ければまだまだ長生き出来たかもしれませんね。

ももちゃんは右にホクロ、我が家のまりんは左にホクロ。
鏡に映した様にソックリ!

今頃はお空からこじるんさん達の事見て「元気出せニャ!」って言ってるかもしれませんよ?
虹の橋でのんびりとこじるんさんたちを待っててあげてね。
じゃぁね、ももちゃん。合掌。


Re: No title

ましゃ治さん

ご訪問有難う御座います。
きっと今頃、お空で楽しく遊んでるはずです。

No title

ももちゃんのご冥福をお祈り致します。
12年もご家族と歩んで、最期はお子様のお部屋へと歩いたなんて!
一緒に過ごした家族に囲まれていた、優しい気持ちで旅に出たと思います。
他の子猫もどうしてるかな?
お空で兄弟に会えたかな?
沢山の仔猫の中から選ばれて、このお宅に来たから12年も暮らせたと思います。
良かったね、良い家族と暮らせたね。
ももちゃん☆いつまでもママ達はももちゃんの事を忘れないよ。
こじるんさん、私も生まれは群馬県なのですよ。
時々帰省すると、近所の野良さんが気になります。
群馬の野良さん達に優しくして下さいね。
宜しくお願い致します。

プロフィール

こじるん

Author:こじるん
初めまして、こじるんです。
初心者タクシードライバーです。
ふとっちょなおばさんです^^

アンケートに答えてお小遣い
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
最新記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。