スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り明け

今週は連休だったので、のんびり出来ました。


週末の七夕祭りも良いお天気で良かったです。


タクシーは、お祭りの日は結構忙しいです。


まあ、混むのが嫌で街に近寄らないとそれほどでも無いかも知れませんが、長い時間何処かで待機しているなら、ノロノロでも街の周りを走っていたら、手が上ります。


ここが代行と大きな差がありますねー。


代行をやっていた頃はお祭りは暇でした。


何故かと言うと駐車場が混むので、車で飲みに来ないのです。


何しろ、代行は飲んでいる人しか乗りませんし、お祭りの後、飲みに出ても家族の誰かが運転出来たり、迎えに来たり、そもそも子供連れでお祭りに来ると、普段飲む方でもそのまま帰ってしまいますからね~。


お祭りで忙しい中、ふと代行時代を思い出しました。
スポンサーサイト

左ハンドルの話②

雨が降って窓ガラスの視界が悪く、シートも動かさないので、サイドミラー、ルームミラーの方向も少しずつズレていて良く見えない中、ゆっくりゆっくりバックで大通りに出ました。


ワイパーの代わりに何度もウインカーを出しながら…(笑)


しかもこの方、行き先が遠かった!


『水上のプリンスホテルまで~』と軽く言われました。


(マジかw遠い(;・ω・))


心の中ではそう思いましたが、顔は冷静を装おっていました。


前橋インターから水上インターまで高速で行ったのですが、高速の入り口ゲートが無茶苦茶狭く感じたのを今でも覚えています。


で、聞かなきゃいいのに『この車新車ですか?おいくら位するんです?』と聞いて見ると『あー、1500万位だよ~』と、サラッとおっしゃいました。


運転が、めっちゃ慎重になったのは言うまでもありません。


さて、群馬にお住まいの方ならご存じかも知れませんが、水上プリンスホテルと言うのは水上の温泉街にあるのではありません。


温泉街から遥かかなた、宝台樹スキー場の方、ゴルフ場に隣接したホテルなのです。


ですから、インターを降りてから滅茶苦茶遠い、しかもかなり狭い。


しかも、バイパスが工事中で行き止まりになったので、無理矢理Uターンして旧道で行ったので尚更遠かった(´д`|||)


まぁ、こする事もなく、何とか無事に送ったので一安心でした。


左ハンドルの話①

今日は今の仕事の前の仕事、代行をしていた時のお話を少しだけ。


代行と言えば、言わずと知れた【飲んだお客様の代わりに車を運転して行くお仕事】です。


お客様の車なので、とにかく色々な種類の車を運転する機会がありました。


自分では外車に乗ると言う経験もありませんでしたので、初めて左ハンドルの車を運転したのも、このお仕事の中の出来事でした。


初めて左ハンドルの車に乗って、誰もか間違えるのは恐らくワイパーとウインカーだと思います。


国産車は逆輸入車でない限り、ウインカーが右でワイパーは左に付いていますが、外車は殆どの場合この2つが逆に付いています。


一番よく間違えるのは、右折左折でワイパーを動かしてしまう事だと思います。


代行に乗りなれたお客様は、間違えられる事にも慣れている事が多いと見えて、この間違えで怒る人はいません。


逆に一度も間違えないと『外車の運転慣れているね?もう長いの?』と言われたりする事もあります。


その他に、国産車と違って位置が違っているので、乗ってから走り出すまでが馴れないと時間がかかります。


アメシャのスポーツカー型の車等は(確かカマロだった様な?)、運転席と助手席の間のシフトの隣にエンジンキーの差し込み口があったりして、これに関してはお店で鍵を渡されて、駐車場から車を出して来てと言われたので鍵穴を10分近く探してしまった苦いエピソードがあります(´д`|||)


その他、良くあるのが、畳んであるミラーを出す方法が解らなくて、畳んだままお店まで持って来てお客様が乗り込んだ時に出す方法を聞くとか(笑)


確かキャデラックだったと思いましたが、サイドブレーキの解除がどうしても解らずに、何かの拍子にギアをドライブに入れたら勝手に解除されて、結局自動だって事が解ったり…


まぁ、ちょっと思い出しただけでも色々な事がありました。


さて、代行を始めて最初に乗った左ハンドルはキャデラックの新車でした。


初めてだから、もっと小さい車の方が良かったのですが、そんなのお客様の都合ですし選べるはずもありません。


時はバブルが弾けてすぐです。


まだまだ群馬辺りはそれから何年間は景気が良かったと記憶しています。


そんな昔の話ですから、鮮明に覚えている訳ではありませんが、一番最初に悩んだのは窓の開け方でした。


今、思えばシフトの横あたりにあったのではないかと思いますが、その車は色々なスイッチがあり過ぎてどれも触らない方がいいオーラで溢れていました。


故に、窓を開けずに駐車場からバックで出る事にしたのです。


この日、結構な雨が降っていました。


基本的にマニュアル車で足が届かない時を覗いては、椅子の位置やミラーは動かしません。


と言うより、スイッチがあり過ぎて、何処を動かしていいか分からなかったと言うのが、この時の場合においては正しいかもしれません。



プロフィール

こじるん

Author:こじるん
初めまして、こじるんです。
初心者タクシードライバーです。
ふとっちょなおばさんです^^

アンケートに答えてお小遣い
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
かうんたー
最新記事
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。